• このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日は、ダイエットに必須のおうちごはんのお助けレシピの紹介です。

 

話題の酢玉ねぎを使ったレシピです。意外と簡単にできるって知っていますか?

酢の物といえば、きゅうりとワカメと思っていた私も、新しい酢の物レシピが増えました。

 

ちょっと嬉しいこんな効果もありますよ。

 

酢玉ねぎのチキンサラダ

 

 

材料(1人分)

【酢タマネギ】

玉ねぎ     1個

塩     小2/3

酢     220ml

はちみつ  大2

 

【チキンサラダ】

酢タマネギ  1個分

鶏肉     100g

赤パプリカ  1個

粒マスタード 少々

 

 

 

作り方

まず酢玉ねぎを作ります。

① タマネギを薄くスライスし、30分してから塩をふる。
② 酢とハチミツを加えてよく混ぜて、冷蔵庫で保管する。

 

酢玉ねぎを使ってチキンサラダを作ります。

① 鶏肉は、レンジで加熱し、細かくさいておく。
② パプリカを千切りにする。
③ 酢玉ねぎ・鶏肉・パプリカ・粒マスタードを混ぜる。

 

 

気になるダイエットがいっぱい
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

 

 

酢玉ねぎの効果

 

酢玉ねぎには、酢と玉ねぎ両方の効果が期待できます。

【酢の効果】

  • 脂肪の合成を抑える
  • 内臓脂肪の蓄積を低下させる
  • 中性脂肪を減らす
  • 血流を改善して血圧を安定させる
  • 腸内環境を整えて便秘を解消する
  • 抗酸化作用でシミやくすみの原因となる過酸化脂質を抑える

 

【玉ねぎの効果】

  • 腸内フローラを整える
  • 肝機能向上
  • コレステロールの酸化を抑制

 

なかなか、嬉しい効果が一杯です。

 

 

玉ねぎの栄養価(100g当たり)

エネルギーkcal 37
たんぱく質g 1.0
脂質 g 0.1
炭水化物 g 8.8
ビタミンB1 mg 0.03
ビタミンB6 mg 0.16
ビタミンC mg 8.0
カリウム mg 150
食物繊維 g 1.6

参考:栄養学の基本がまるごとわかる辞典

日本食品成分表2017 七訂

 

冷蔵庫にあると、便利な玉ねぎです。でも、切ると涙がでるから苦手~という方もいました。

 

この涙が出るのは硫化アリルという成分が原因です。この硫化アリルが体内でアリシンに変り、辛み成分の原因となります。

生で食べると、苦みや辛みがあるのもこの成分ですね。

 

この硫化アリルは、新陳代謝を活発にしたり、免疫力を高めたり、コレステロール値を下げたり、動脈硬化予防したりと、体の中で色々な働きをします。

 

 

 作って見た感想

 

玉ねぎといえば、生で食べると辛みがあることから、水でさらして食べるオニオンスライスなどがあります。かつおのたたきの薬味にも使います。

 

でも玉ねぎの栄養的な効果は、水でさらすと減ってしまうことを考えると、そのまま酢につけるという方法は、なかなか良い方法です。

 

今回は、作って翌日に食べましたが、4~5日で最も食べ頃になるとか。1週間~10日の保存が可能だそうです。今はやりの作りおき食材としても活躍しそうです。

 

酢玉ねぎの色々な使い方

  • 酢タマネギのサラダ
    (今回のようにそのまま混ぜて使用)
  • きのこと酢タマネギのマリネ
    (きのこを炒めて味をつけ、酢タマネギと和える)
  • 甘酢あんかけ
    (鶏のから揚げに上からかける)
  • 冷や奴の薬味に使う
  • 納豆に混ぜる

 

なかなか、いろいろな食材とあわせることができて、便利ですね。今までは、酢の物といえば、胡瓜やわかめと思っていましたが、この酢タマネギも酢の物レシピとして使えそうです。

お試しあれ♪