• このエントリーをはてなブックマークに追加

 

掃除をして、一息つくときに欲しいと思うのが、アイスクリーム。
基本、ダイエット中は嗜好品は余分なものです。それでも、ダイエットを長く続けるためには、嗜好品も上手に利用したいと思いませんか?

 

アイスのカロリーを調べてみると思っていたより、カロリーが高いもの・低い物、いろいろありました。又カロリーだけではダメなことも!

 

今日は、アイスの選び方をご紹介しましょう。

 

アイスクリームの種類

アイスクリームは、乳成分の量によって4つにわけられます。
  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス
  • 氷菓
下へ行くほど、乳成分が少ない=カロリーも低いとなります。
(氷菓が一番カロリーは低いということです。)
項目 乳固形分 乳脂肪分 表品名
アイスクリーム 15%以上 8%以上 ハーゲンダッツ
アイスミルク 10%以上 3%以上 雪見だいふく
ラクトアイス 3%以上 チョコバー
氷菓 3%未満 アイスの実
実物でみてみましょう。

 

アイスクリーム

カロリー240kcal~300kcal
糖質  20g~35g

 

ハーゲンダッツのアイスクリーム
おいしいし、満足度が高いです。でも値段も高い。(箱入りのミニサイズもあります)
一日一個は守ったほうがいいですね。
(グリーンティー 1個110ml 239kcal・炭水化物21.6g)

 

ジャイアントコーン
(ジャイアントコーンチョコナッツ1個140ml 274kcal・炭水化物29.9g)

 

ソフトクリーム系

(パリッテ 1個183ml 266kcal・炭水化物24.8g)

 

スーパーカップ

(スーパーカップチョコクッキー 200ml 297kcal・炭水化物35.0g)

 

アイスミルク

雪見だいふく
(雪見だいふく1個当り 81kcal・炭水化物13.2g)

 

ラクトアイス

シャトレーゼのアイス


(パリっと巻チョコバー チョコ 1本72ml 161kcal・炭水化物18.0g)

私のイチオシ♪
カロリー・糖質ともに、低め。ついでに値段も低め(^^♪

 

氷菓

エネルギー 70~167kcal
糖質    12g~39g

ロッテの『爽』

(爽 THEスイカ 190ml 167kcal・炭水化物39.0g)
爽のいいところは、カップアイスなので、量の調節ができること。
私は、『爽』は2回にわけて食べます。
(炭水化物39gっていうことは、カロリーのほとんどは糖分ってことですね。)

 

アイスの実

(アイスの実 巨峰 1袋84ml 109kcal・炭水化物24.0g)
氷菓の種類に入り、脂肪分が少ないので、カロリーは低いです。(でも、糖質は低くはない。)
私は、これを食べると歯が痛くなりそうでちょっと躊躇しちゃいます(笑)

 

ロッテ『クーリッシュ』

(クーリッシュ甘熟いちご 140ml 117kcal・炭水化物23.8g)

一個117kcalと低カロリーですが糖質は高めです。(種類によって違います)

ビスケット3枚と同じくらいのカロリーで、満足度が高いです。

 

シャトレーゼ スイカアイスバー
(スイカアイスバー 1本72ml 70kcal・炭水化物11.6g)
普通のアイスバーで、100kcal以下というのは嬉しいですね。

 

 

アイスを食べる時の注意

 

アイスのデメリットは、2つ
1 カロリーが高いこと。
2 体の中から冷すので代謝が落ちること
ダイエットという意味でなら、アイスクリームはどれを食べてもNGです。
でも、暑い日には食べたいですよね。

 

食べるなら、覚悟をきめておいしく食べる

もちろん、いくつでもというのはNGですよ。1個だけね。

 

サルくん
サルくん
アイスで糖質が増えるんならごはんを減らしたらいいのかな?
あさぎ
あさぎ
それは、絶対にダメ!栄養不足で倒れちゃうよ。

 

サルくん
サルくん
じゃあ、脂肪分の少ないアイスの方がいいの?
あさぎ
あさぎ
脂肪分が少ないとあっさりとしたアイスになるね。満足しないでもう一個なんてことにならない?
サルくん
サルくん
あ~、あるある。一個でやめても他のおやつを食べそうだ
あさぎ
あさぎ
私のオススメの方法を教えるね

アイスはどんな食べ方がいいの?

濃厚なアイスでも、あっさり系のアイスでも、どれでも好きなアイスを一個だけ食べましょう。
できるだけ、一個の量を少なくするようにするのがコツです。
カップアイスなら、2日にわけて食べるとか。

 

ハーゲンダッツのアイスならミニサイズもありますね。

 

注意
アイスを食べたら、他のおやつは控える

その日の食事で揚げ物などは控える

 

以前に、『美味しいアイスを食べて、他のおやつも食べて、次の食事は揚げ物で、丼ものを食べる。』これをすると、確実に1kgは太りました。(←実践済み)

 

 

アイスは、カロリーだけでなく糖質(炭水化物)にも注目

 

濃厚なアイスほどカロリーが高いことは納得ですね。

でも、意外とカロリーが低めでも、満足度の高いものもあります。一般的に、氷菓の部類に入るものは、脂肪分がないのでカロリーが低いです。

 

しかし、脂肪分がないということは、内容のほとんどが糖質ということ。
脂肪分が多いとエネルギーが高くなりますが、その分炭水化物(糖質)がへります。きっちりと、糖質を下げたい場合は、氷菓はもろ刃の剣!

 

エネルギーで選ぶ?
炭水化物(糖質)で選ぶ?
あなたは、どっち?